仕事の内容に合わせてエプロンの素材を選ぼう

仕事の内容に合わせてエプロンの素材を選ぼう

婦人

水仕事の多い場所なら防水加工タイプ

エプロンは、炊事などの作業をする際に衣類の汚れを防ぐために着用する前掛けのことを言います。
用途に応じてさまざまな素材のエプロンがあり、中でも飲食店の洗い場や工場、ガソリンスタンドなどでは防水エプロンが活躍しています。
防水エプロンは、ターポリンというビニール系素材で、合成樹脂フィルムをポリエステル繊維の生地に貼り付けて作られているので、耐水性と耐久性に優れています。

洗濯や熱に強いエプロンを選ぼう

着用する人自身と衣類を守るためのエプロンですから、色や柄などの好みももちろんですが、洗濯や熱にも強い素材のエプロンを選ぶのが良いでしょう。
一般家庭で普段着用するエプロンであれば、強くて丈夫なうえ吸湿性があり、熱にも強い防縮加工が施されている綿素材が適切です。
綿素材は繊維の中でも最も実用的な生地であり、肌触りもよく、洗濯漂白もし易いのがポイントです。
合成繊維では、一番熱に強いポリエステル素材は、生地自体も強く型崩れしにくいのが特徴です。

しわになりにくい素材とは

さまざまなエプロンがある中で、最も大量に生産されている綿素材は、吸湿性などの面では優れていますが、しわになり易いというのがデメリットです。
しわになりにくいことに重視するのであれば、吸湿性はやや欠けますが合成繊維のポリエステル素材です。
軽くて強度の高いナイロン素材も弾力性があってしわになりにくい素材ですが、熱によって軟化してしまうデメリットがあります。

コックコートやTシャツとの相性もチェック

飲食店などでは、エプロンの耐久性や洗濯後の乾燥の速さも重要視されますが、コックコートやTシャツにも似合う色や柄、デザイン性も大切です。
特に接客を担当する方は、腰紐がアクセントとなった胸当てエプロンや腰で折りたためば腰から下だけのショートエプロンになる2Wayタイプなど、機能性はもちろん、清潔感とお洒落感のあるエプロンが最適です。

広告募集中