エプロンを着用する意味を理解して選ぶことが大切

エプロンを変えるだけでもイメージチェンジになる

エプロンは衣服の汚れを防ぐために着用する前掛けですが、様々なデザインがあるので、エプロンひとつでイメージを変えることができます。例えば、胸部から膝まで覆うことができる胸当てエプロンは家庭でよく見かけるタイプのエプロンなので、母性的、家庭的なイメージになります。またウエストから膝まで覆うことができる前掛けエプロンはカフェでよく見かけるので、おしゃれなイメージを与えることもできます。他にも胸から膝までを覆う長袖タイプの割烹着は明治時代から利用されているので、古風なイメージに変えることもできます。

飲食店のエプロンQ&A

男性用のエプロン選びに迷った時

料理好きの男性にエプロンをプレゼントしたい時、シンプルなデザインが多い前掛けエプロンを候補に入れると選択肢が広がります。前掛けエプロンは、ウエストで紐を結ぶタイプで、丈が40cm前後のギャルソンタイプのものから80cm前後のソムリエタイプのものまであるので、男性の身長や好みに合わせて選ぶことができます。

エプロンを着用する意味を理解して選ぶことが大切

女性

汚れが目立たない色をチョイス

料理の汚れには、油汚れ、カレーや豆板醤などの調味料、ゴボウの灰汁など様々な種類があります。全ての汚れに対応するのはなかなか難しいですが、濃いめの色のエプロンを選ぶと汚れが目立たなくなります。例えば、茶色や黒色のエプロンは油汚れや灰汁などは目立ちにくいので安心です。ただ、小麦粉や片栗粉は白色なので汚れが目立ってしまいますが、粉ものは早めにタオルで拭くと目立たなくなるので過度に心配する必要はありません。

オリジナルデザインも制作可能

エプロンは料理をする時だけでなくDIY作業や絵画制作をする時など、様々な場面で利用します。よって、利用する目的に合わせてデザインを選びたいですが、自分好みのデザインに出会えない時もあります。そのような時は既製品で妥協するのではなく、インターネットでエプロンの制作を依頼することも選択肢のひとつです。1枚から注文を受けてくれる業者もあり、色、形だけでなく、ロゴを入れてもらうこともできるので、世界でひとつだけのエプロンを身にまとえます。

広告募集中